.

カードを店舗にて利用する時に、みなさん体験したことがおありかと考えますが、スタッフがわかっていないことでどちらの明細をカード利用者の方へ渡して良いのか迷っていることがある。クレジットを決済するとレジより複数の使用レシートが吐き出されるため、それらのうちどれを利用者のもとへ渡したら良いか判断できないというケースがあるのです。3枚1組の使用レシートの説明:これらの3枚1組の明細レシートの説明とはいかなるものなのかというと、以下の記載のようになります。お客さんへ渡す利用レシート。店舗控え利用明細。クレジットカード会社控え明細(サインを行う紙)。本来は例外なくカード利用者に渡すべき明細を受領するのですが時としてお店の控え利用明細をお客さんに対して見間違えて渡すようなということや記名した側のレシートを渡してしまったといった事故も見受けられるのです。特に時間給の担当者であったりさほどクレジットカードが使われるケースの少ないショップで会計する際カードを使用する際こんなスタッフの焦りを垣間見ることが出来るのではないでしょうか(笑)。万が一店舗スタッフが間違った利用レシートというものを渡したときは親切に「これは違いますよ」と一言言ってあげてください。