.

面接を何回も受けているのに全然合格しないということは、結構あります。 しかしながら、面接や選考などで受からなかったとしても、それは深く考えることはありません。 意外に会社の面接は運が左右します。その日の担当者のコンディションにも左右されますし、 自分自身の状態によっても相手に与える印象が変わってしまって、落ちてしまうこともあります。 仕事を実際にすることによって、本当のポテンシャルというものは見えるものですが、 面接という限られた時間の中では、なかなかそういう本人が持っている隠れた才能を見出すのは難しいものです。 なので、人事の人を見る目というのは、意外とあてにならないと考えた方が無難かもしれません。 面接に受からないと自分自身を否定された気持ちになってしまいがちですが、当事者からするとそれほど深い意味はなく不合格にしていることも多々あります。 なので、今回は運が悪かったんだと考えることで、転職活動でへこたれない前向きな気持ちになるきっかけが作れます。