.

お店にクレームを入れる時には、話し方にも気を付ける必要があります。 まず、お店の商品やサービスに問題があった時、どうしても感情的になってしまい怒りをあらわにしてしまいます。 ただ、感情的なままクレームを行った場合、どの点に問題があるのか相手に正確に伝えることはできません。 本当に伝えたい部分について伝えることができなくなってしまうと、お店側としてもクレーマーとして処理しようとしますので、問題を解決できなくなってしまうのです。 お店にクレームをつけるときには、どの点に問題があるのか、またこれからの弁償などについて筋道を立てて冷静に話を行うようにしましょう。 わかりやすく冷静に話をすることで、お店もどの点に原因があったのか理解できるようになってきます。 その結果、正式な謝罪や弁償を引き出すことができますので、冷静さを心がけるようにしましょう。 クレームを行う時には、事前にどの点を不快に思ったのか、メモに記しておくと冷静に話を行うことができます。