.

ゲーム業界は日進月歩で技術革新が進んでいますので、実写と見紛うほどのビジュアルを有しているゲームがドンドン登場するようになってきました。ですが見てくれだけがゲームの楽しさに繋がっていくわけではないと個人的には思っています。昔の丁寧にドットで書き込まれたゲームだって味わいがあってとても面白いものなんじゃないかと思います。先日家の掃除をしていたら昔買ってもらったファミコンとソフトが出てきたんです。さすがにもう動かないだろうと思いつつも、電源を入れたらなんとちゃんと作動をしてくれたんです。そこで昔ハマりにハマったスーパーマリオブラザーズのソフトを差し込んだら、これまた何の問題もなく動いてくれたんです。あのドット絵と音楽を聞いたら昔の思い出が一気に蘇ってきまして、無邪気に時間も忘れてゲームに没頭してしまいました。やはりゲームというものはビジュアルが第一ではないんだと再認識をした1日になったんじゃないかと思います。