.

為替への介入という言葉は耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、雑誌、テレビのニュースグーグルなどの報道で見られた方も多いでしょう。78-4-130

そもそも外国為替平衡操作(為替介入)は我が国では、・大臣(財務大臣)円の相場の安定化を保てるように施行する方策ということで考えられています。78-17-130

わかりやすく言うと、極度の円高や円安が起こると財務大臣の指示が出ると中央銀行(日本銀行)日本円を売り買いすることで相場の安定をさせる、ものです。78-15-130

為替の介入とはいくつか種類があるのです。78-3-130

1.単独介入・・・行政機関や中央銀行(日本銀行)が東京市場において自らが市場に入って為替介入(外国為替市場介入)をする。78-10-130

2.協調介入・・・通貨当局が話し合ったうえ各銀行などがお金を駆使してみんなそろってないし随時為替の介入を実施する。78-1-130

3.委託介入・・・他国の銀行などに為替介入(外国為替市場介入)をお願いする。78-6-130

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などに代えて外国為替市場介入(為替介入)を遂行する。78-18-130

こんなような種類があるのです。78-13-130

どの介入も一時的、継続的に為替のレートに効果を与えると思います。78-12-130

為替介入の資金は当然のことですが誇りをかけているのですからスケールが違うのです。

円を元に考えると、日頃は数銭ずつ動いている相場が不意に大きく変化をするのです。

個人の投資家の人であれば体験していると思いますがこれまで見込み通り含み資産(もしくは損失)が増えているポジションをキープしていたところ、持ち高が決済しましたとの情報が業者からメールが。

どの程度利益が出たのかな(赤字になったのか)?と思いつつ決済された通達を確認すると自分の中で期待していたものとは逆の状態となり目が点になってしまうとの話があります。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された際によく起こることです。

以上のように介入を実施すると為替の市場の動向と逆の変化をします。

しかも変動する額の範囲は大きく動きますので気をつける必要があります。



78-20-130 78-8-130 78-9-130 78-14-130 78-2-130